2020年11月14日

娘のあこがれが怖い

201114.pngこんにちは!スタッフブログ担当・カズー🎺です。
空気が乾燥して、肌がかさつく季節になりました。
お風呂🛀上がりの保湿クリームは、体を拭いた直後、
乾きはじめる前に塗るのがよいそうですよ。


さて、小学校高学年ともなると、一人暮らしにあこがれる気持ちが出てくるようです。

娘がときどき「一人暮らししてみたいなあ」とつぶやくのですが、なぜか、❝自分以外の家族が出ていく❞のが前提らしいです。

最近は家族で外食🍴しようとなっても、

 「おなかすいてないから、うちで待ってる〜」

などと留守番🏠して、「一人の時間だ!自由だ!」と喜んでいるので、
たしかにこの子は家族のラストメンバーなので、今より少ない人数を経験したことがないんだなあ、あこがれるの分かるーとは思いますが。

いやいや、出ていくなら君が、学校の寮に入るなりなんなりでうちを出るべきでしょう。✋
なぜ他の3人を追い出そうとするのか。


なんか怖い…と思ったら、一時流行った「意味が分かると怖い話📖」に、
反対する両親を押し切って念願の一人暮らしを始めた。
で始まる話があってですね、心理的にじゃなくて物理的に、だったりしたのを思い出して、
おそるおそる娘に

 「家族が邪魔なの?」

と聞いたら

 「家族より一人のほうがきっと楽しいよ」

と悪気なく答えられて、思ったより早い「巣立ち」志向にさらにダメージをくらう母でした。


…でも他の家族全員を「押し切って」一人暮らしされないよう気をつけよう。


新型コロナワクチン🌞の開発成功とのニュースを見ましたが、
型が変わった新・新型コロナ🌅には効くの?とか、
なんか最近周りで咳と鼻水の風邪が流行ってるみたいだけどこれコロナじゃないよね?とか、
不安に満ちた世の中ですが、
今まで通り手洗いとかマスクとか、自分たちでできることをできるだけやっていくしかないですね。

みなさまお元気でお過ごしください。ではでは💕
posted by いまごと at 14:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月31日

運動会あらため…

201031.jpg「棒引き」はそれぞれの個性が出ます

ハッピーハロウィン!スタッフブログ担当・カズー🎺です。
我が家はこの秋2度目のおでん🍢を作って食べました。


今年はコロナ🌞禍で、一斉参加の運動会🏁が行われなかった学校🏫も多いようですね。

風通しのよい屋外だし、運動会の日に子供が風邪をもらったという話も聞かないのですが、
むしろ保護者が家族総出で場所取りして密💨になるのが問題だったのではないかと思います。

娘の小学校🏫では、一週間かけて学年ごとに種目を消化する
「スポーツフェスティバルウィーク🏁」が開催されました。

6年生の参加タイムは平日の午前2時間のみ。✨
その間、ほかの学年は通常授業となり、6年生もお弁当は必要ありません。

繰り返します。📢

お弁当🍱は必要ありません。バンザーイ🙌


在宅勤務の夫も、昼休み休憩で応援にいくことができました。
平日の他の参観日に比べてお父さんたちの姿も多く見られ、
リモートワークの人が増えたんだなあと思いました。


娘は低学年の頃はわりと動きがゆっくりで周りを見ている子でしたが、
小学校最後の運動会では、結構ちょこまかと走り回っていて楽しそうでした。

棒引きの棒も、他に誰も手を出していない長いのをたまたまつかんで、✊💥
一番に陣地に持ち帰っていました。💨
他のクラスメイトにも活発に話しかけたり笑いあったりしていて、
成長を感じられました。


そして、競技は学年の3種目が連続で行われるため、1時間余りで終了。

強い日差しに一日さらされることもなく、
席取りしなかったばかりに座って休憩する場所がなくて
他学年の競技の間うろうろすることもなく、
中途半端な知り合いと話題を探して気まずくなることもなく、💦

スポーツフェスティバル、気楽でいいやん!
と、ダラ系保護者の私は喜んだのでした。


今後の学内外のイベントは、どうなるんでしょうね。
今日も県内・市内でクラスター発生のニュースが流れ、
世界的にもまだ収まらない感じですが、来年はオリンピックできるのかしら。

競技種目ごとに日程をさらに分散して、
1年かけて完了するとかにすればいいかも?
水泳は夏に、マラソンは秋冬に開催するとか!


マスク装着、消毒推奨。疫病退散。
みなさまどうか、お元気でお過ごしください。ではでは💕
posted by いまごと at 23:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月25日

夫、優良運転者講習に行く

201025.png
教習本にありそうなイラスト
こんにちは!スタッフブログ担当・カズー🎺です。
私は車🚙を運転しないがゆえのゴールド免許もちなのですが、
このたび夫に、初めて?「優良運転者免許更新」のお知らせが届きました。
たまに運転するにもかかわらず。素直にすごいです!


優良運転者だと、遠くの教習所まで行かなくても
近くの警察署👮で更新ができるうえ、
講習時間⌛も大幅短縮されるという特典があります。

夫は即日交付の警察署に自転車🚲で行くつもりでしたが、
その日雨☔になったので、

 「車で行こうか…でももし途中で事故って優良運転者取り消しになったら困る」

と用心して、最寄りの警察署に傘を差して歩いていくことにしました。
更新直前の事故で資格が取り消されるのかどうか分かりませんが、
その配慮が何かのフラグだったのかもしれません。

帰り道に、目の前で交通事故に遭遇したと連絡があってビックリ。👀

交差点を自転車で渡ってきたおじいさん👴が、左折のタクシー🚖にはねられたそうです。

 「いやあ〜警察署で危険な事故の映像📺を山ほど見せられてたから、これも幻かと思ったよ」

と夫。
特に、右折車と横断者の事故例が多かったので、

 「今の右折ちゃうやん!」

とまっさきに思ったそうです。
あの映像のインパクト強すぎて、意識レベルが下がりますよね。


倒れた人に声をかけ、頭を打っているかもしれないから、と動かさず
傘☔を差しかける夫。

周りの人が集まってきて、救急車🚑を呼んでもらって警察に様子を聞かれたけれど、
事故の瞬間を見たのは夫だけで、
逆にあまりに目前すぎて、当たった瞬間の拡大図しか見えなかったと。
(供述をもとに作成したのが上の画像です)

着ていた上着を脱いでおじいさんにかけてあげようとしたら、

 「暑いからいらないよ」

と断られたらしいです。
どこが痛みますか?と聞いたら

 「腰が…」

と返されたそうで、

 「それ、もとからとちゃいますの」
 「もとは痛くなかったよっ」

と会話をしたとか。

夫、一言多…いや、事故にあった人の意識を保ち、
救急車が来るまでの心細さを緩和するという素晴らしいスキルですね。


雨が降って車で行くのをあきらめたからよかったけれど、
もし車だったら夫が事故の当事者だったかもしれないな〜なんて思いました。

夫に「大変だったね」と声をかけたら神妙に、

 「倒れた人にかけてあげるのに、あまりにペラペラの上着だったから、もう少し厚いのを買おうかな」

と反省していました。あーこれからは冬だしねえって、そこかい。✋


日が暮れるのが早くなり、朝晩の寒暖差が大きくなってきました。
みなさまお疲れの出ませんように。祈・交通安全。ではでは💕
posted by いまごと at 17:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする