2020年06月26日

父の日の手料理

200626.jpg

こんにちは!スタッフブログ担当・カズー🎺です。
今日は雨なのに気温が高くて蒸し暑いです。


何年ぶりかに手料理づいている我が家の子供たち。
小さいころは一緒にサンドイッチやロールケーキを作ったりしましたが、
特に面倒くさがりの息子が台所に戻ってきたのは意外でした。

先週の日曜日は「papa.gif父の日」。

先日好評だったオムライスに気をよくした娘ayatanwoo.pngが、
「今度はケチャップライスから作るよ。みんなの朝ごはんにするよ」
と宣言していましたが、

ネットで調べたレシピに
「一人分ずつ作る」
と書いてあったのにこだわって、

玉ねぎをきざんでベーコンを切って炒めて…

という「ケチャップライス」から一人分ずつ作ろうとして

一人分作ったところで挫折しました。
できあがったオムライスは夫と娘で半分こしたそうです。

「一人分ずつ」とは「卵をまとめて焼かずに一人分ずつ焼いて巻く」
という意味だと思うよ、と知らせたら悔しがっていました。


そして息子。
「父の日には焼きそばを作ってあげる✨」と予告しており、
最近になって「京都のおじいちゃんみたいにパンケーキpancake.gifを焼きたい」
(以前遊びにいったときに焼いてもらって感心したらしい)
と言い出して、

お昼にパンケーキ、
夜には焼きそばを作ってくれました。

材料は両方とも黒子のわたくしがご用意。

夫と娘が焼きそば大好きなので、麺を6玉用意したら、
野菜と肉を足したらフライパンからあふれそうな量になりました。

またもや「強いチャーハン」の再来か。
いや、焼きそばはそうガチガチにはならないのでは。

ハラハラして、そっと近づいてコンロの火を弱める黒子でした。


見ていると息子はまたフライパンの2時の方向ばかり混ぜていました。
量が多すぎて全体を返せなかったのもあるでしょうが、
すごく周りを見てない感。


ソースを入れて味見してみて彼が思ったことは、
「こんなに入れたのにまだ足りない。焼きそばってソースいっぱい使うんだね」
だそうです。
あーそれはあるね。


完成した焼きそばは、普通にやきそばでした!

息子「あれっ、これって…お祭りとかで売れるレベルのおいしさじゃない?👀」

彼はすぐ調子にのります。
まあ材料費はお祭りの焼きそばよりずっとかかっていると思いますが。

夫と息子は、

お祭りの焼きそばはなぜかおいしい
でも持って帰って家で食べると案外おいしくない

という話で盛り上がっていました。


この日は私、一度もごはん作ってません。おおー

もう息子と娘に料理人になってほしいわーと
安易に将来を願ってしまう母なのでした。💦


コロナの第2波、来るの来ないの?
とモヤモヤしています。
スーパーに箱マスクが並んでいました。
手洗い励行。ではでは💕
posted by いまごと at 12:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: