2020年04月15日

電磁誘導懐中電灯

200414.jpg

こんにちは!スタッフブログ担当・カズー🎺です。
新型コロナ対策で、家族全員ステイホーム🏠です。

私以外のメンバーayatanwoo.pngpapa.gifは、ず〜っと家にいるのがしんどいらしく
日用品の買い物👝に行きたがってくれるので助かっています。


さて先月、生協の宅配カタログ📰で「防災用品」の特集をしていたので、
「電池不要の発電式懐中電灯」🔦を購入してみました。


なんとなんと、
筒部分にコイルが設置されており、
上下に振る✊ことでその中を磁石が行き来して、
電流が発生して充電🔋⚡され、LEDが点灯💡するという商品です。

面白実験みたいな道具が大好きなので、
思わず買ってしまいました。👛

リアルに中学生の実験セットみたいな見た目ですが、
純日本製品で、お値段はガッツリ9,000円✨でした。


高校生以上の皆さんは覚えていらっしゃるでしょうか、
中学2年生の理科🍸で、コイルの中に磁石を出し入れすることで、
電流が発生する⚡という実験をしたことを。

「電磁誘導」と「誘導電流」!
超電磁ヨーヨー!超電磁竜巻!超電磁スピン!!
(世代の違い)


コイルの巻き数➰を多くしたり、磁石を強力にしたり、
より速く動かすことで、より強い電流が発生するんでしたねぇ〜。
(↑先生ぽく)

これ写真を見てお分かりのように、
青いコイルえらいこと巻いてそうです。
糸巻きか?ってくらいに巻いてます。
磁石もおそらく、超強力・ネオジム磁石です。
全体的に、重いです。💦

両端に高反発磁石が入っていて、
振った時にぶつからず、ばね➰➰に跳ね返されるような感覚です。
ワキャワキャと振っているとなんだか癖になって、
暇つぶしに振り続けていたら腕が鍛えられる気がします。

そして、20回くらい振ったら普通に点灯💡✨しました。
箱の説明では30秒振れば20分間点灯できるそうです。


リアル中学生の息子はこれを見て面白がっていましたが、
価格を聞いて、

 「面白さだけで買う値段じゃなくない?

と引いていました。

この先、こういうフリフリ充電製品が主流になるとしたら、
安い海外品等も出てくるかもしれませんけどね


しかし、LEDは期待したほど明るくありませんでした。💣
昼間に、電灯の消えている部屋の隅に向けると薄い白い円が見えるくらいです。👀

まあ、高輝度のランタン等を普段から準備していても、✊
❝いざという時❞がいつになるかは分からず⏰
うっかり電池を切らしている可能性は大いにありますので、
あれば安心だと思います。💨

ハンドルを回す🌀充電器より楽なので、もし
他の電気製品につないで充電もできたら、すごく便利だろうな〜。


私はずっと家でもそれほどストレスを感じておりませんが、
どんどん生活がだらけて体がなまってくるので、よくないですね💦
早く、新型コロナ感染拡大が収束しますように。手洗い励行。ではでは💕
posted by いまごと at 04:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: