2016年01月29日

読み違え小学生

 こんにちは!スタッフブログ担当・カズー🎵🎶です。
 関東は朝から冷たい雨が降っています。夜には雪に変わるかも?


 小学生の国語📖で、「音読」という宿題があります。
 教科書の数ページを読み上げて、家の人がプリントに○や△を記入🎤するというものです。
 息子は以前から読み違いが多かったのですが、学年が上がると適当さに拍車がかかってきました。


 家事をしながらタイトルを聞く👂と、今週はウサギについて調べた話を読むようです。

 息子「『船まで青に染まりそうな、真っ青な海wave.gifです』」
 私(ほうほう海から始まるんだ)

 息子「『周りにトリひとつ見えない広い海です』」
 私(渡り鳥も渡りきれない遠洋かな?)

 息子「…『長さが400メートルほどの、小さなトリです』」
 私(…その鳥小さくないよね!むしろ異常に大きいよね!)

 息子「『キタアカドウカイリュウの流れるところへ、』」
 私(日本産の恐竜っぽいの流れてきた)

 息子「『ウサギの卵を捜しにやってきました』」
 私(見つからない!それ絶対見つからないから!


 たまりかねて、台所を放り出して駆けつけて教科書📖を覗き込むと、

 …「ウナギunagi.gif」の産卵場所を発見💡した研究者の調査報告でした。
 お察しのとおり、「鳥」ではなくて「島」、「キタアカドウ」は「北赤道」でした…。

 ドキュメンタリーが一転して、メルヘンの世界に。
 自分で読んでいて、おかしいと思わないのかしら

 子供を中学受験させようか迷うママさんも多いですが、とりあえず、息子は目指す方向が違うことがハッキリと分かるので悩まなくてよさそうです💦
 …もちろん、別の意味で心配です


 天然ボケが心配なお子さんをお持ちの方も、子の才能を活かしきれてないとお悩みの親御さんも。
 または昔、神童と呼ばれていた方も。

 よい週末をお過ごしください。ではでは
posted by いまごと at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック