2019年12月16日

ふりかけの香り

191213.jpg

こんにちは!スタッフブログ担当・カズーkazooです。
本格的に冬らしい冷え込みになってきましたね。
屋外と通勤電車内の温度差が大きいので、コートの下は薄着で調節しています。


先日、スーパーで「おとなのふりかけ 薫るトリュフ風味」を買いました。👛
他のフレーバーは一袋に5個入っているのに、これは3個しか入っていません。
かなり高級感✨があります。しかも期間限定。

…相当個性のある味わいに違いない!と思ったのですが、
白ごはんにかけてみたら、それほど香りが強いとも思えず、
味も普通にあまじょっぱい感じで、普通のふりかけそれも地味な味でした。

がっかりしていたのですが、
1週間くらい経って、しかめっ面の夫から文句を言われました。

 「冷蔵庫にあった❝トリュフ風味❞のふりかけやけどさ、何あれ?すごい臭い」

―えっ。
―そうなの?どんな風に?!

夫は私が何か弁解なりしてくると予想していたらしく、
急にイキイキと質問したことにちょっと驚いていました。

 「ええー。
  キノコ🍄なんやけど、魚🐟の混じったような生臭さというか、
  トリュフの良くないところをわざわざ抽出したような…」

そう!そう!
例えばそういう感想が持ちたかったんよ、
美味しい不味いとかいう以前に!


その後娘からも、

 「くさっ!何この臭い?う○こ💩と魚🐟を混ぜたような…」

との強烈な意見をもらいました。

二人の好みには相当合わなかったようですが、💧
期待通りのインパクトがあったようで安心しました。


私は臭いにはかなり敏感な方だと思っていたのですが、
嫌な臭いを感じなかったんですよね…なぜだろう。

「体臭の好みが合う異性とは遺伝子レベルで相性がいい」
と聞いたことがあるので、
私はトリュフ🍄と相性がいいのかもしれません。
あるいはそれを土から掘り起こす豚🐖とも。


と思ってパッケージを再度見たら、
❝トリュフは入っておりません❞と書いてありました。

…入ってないんかーい!
そういえばトリュフ食べたことないから匂い知らないわー!

ということは私と相性がいいのは
トリュフ風味の合成香料ということか。
化学調味料との結婚を考えるべきだったか。


ケミカルに負けた気がして悔しいので、
これからも色んな匂いを嗅いで、相性の良さを求めていく所存です。
(趣旨が変わっている)


寝室の気温が低くて、寝るときに鼻だけ冷たいです。
鼻にだけマスクをつけようかしら。
ではでは💕
posted by いまごと at 11:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする