2019年09月17日

窓枠クーラーの罠?

190917.jpg

こんにちは!スタッフブログ担当・カズーkazooです。
先日の台風🌀のあと、千葉県の停電がまだ回復せず。♒

東京をはさんで反対側の神奈川のスーパーでは、
店頭から牛乳パックが消えて、加工乳が並んでいます。

千葉の酪農家では🐄
電動搾乳も保存もできないため、
手で搾乳して捨てるしかないとニュースで見ました。

台風の被害がこんなに長引くとは。
一日も早く電気が回復して、
みなさんが元通りに生活できるようになってほしいです。


さて、我が家は共用廊下に室外機が置けないので、
廊下側の寝室には窓枠クーラーを設置しています。

先日、少し涼しい夜に窓を開けていたのですが、
ロフトベッドで寝ている息子は暑かったらしく、
独断でクーラーをつけようとしました。

しかし彼は不注意者につき、

窓枠クーラーをつけるときには排気部の幅だけ後ろの窓を開けるのだよ!

と毎夏教えてるにもかかわらず、忘れてしまって
窓を閉めてリモコンのスイッチを押すことしかしなかったため、⚡

排気が部屋にこもって逆に暑くなってきたので
温度設定を極端に下げ、そのせいでますます高温になって、

 「あのクーラー壊れてる!」

と、プンプン怒って部屋から出てきました。😠

毎年やってないかい、それ。

熱さでもわ〜っとなってる部屋で、私も半ギレで窓を半開しましたとさ。


あと、タンクに水を入れてその気化熱で冷えた風を送り出す
「涼風扇」なる機械がありますが、
あれも窓開け必須らしいですよ。🔐

学生の時の先輩😎が一人暮らしの部屋でそれを使っていて、
たまたま遊びに来た妹さんがクーラーと同じだと思って
窓を閉め切って運転して、
部屋の中が湿っぽいミストでたまらぬ蒸し暑さ💦になったという話を
思い出しました。


涼しさを作り出す機械には思わぬ罠が潜んでいることがあるので
注意しましょう。


そろそろ普通に涼しい秋が来てくれてもいいですよね。
ではでは💕
posted by いまごと at 14:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする